消すことが難しい頑固なシミは入念な予防対策で防止する

消すことが難しい頑固なシミは入念な予防対策で防止する

美肌

 

白く透明感のある肌は、誰もが憧れる美肌の条件です。

 

しかし、そんな肌を目指しているのにシミのせいで台無しという人も多いでしょう。出来てしまうと消すことが難しい頑固なシミは入念な予防対策で防止することができます。

 

シミの対策におすすめの第三類医薬品⇒ロスミンローヤルの口コミ

 

シミが出来ない体を作るためには、予防効果のある栄養素をしっかりと摂取することが重要です。予防のためには、ビタミンCのほか、ビタミンE、ベータカロテン、ポリフェノールといった成分が効果があるとされています。ビタミンCには、シミのもとであるメラニン色素の沈着を抑制したり、すでにあるシミを薄くする効果があります。

 

ブロッコリーやパプリカ、キウイ、いちごなどに多く含まれているので、サラダやスムージーなどで摂取すると良いでしょう。血流を良くするビタミンEは、新陳代謝を促し、肌の再生を正常な状態に戻します。アーモンドなどのナッツ類に多く含まれています。

 

ベータカロテン、ポリフェノールは抗酸化作用があるため、体内の酸化を抑えシミの沈着を予防します。緑黄色野菜や緑茶がおすすめです。毎日の食事でこれらをバランス良く摂取することが大切ですが、なかなかそうもいかないという場合は、マルチビタミンなどのサプリメントで効率よく栄養素を補いましょう。

 

出来てしまったシミのケアは、美白を謳った化粧品でのケアだけでは難しいのが現状です。ハイドロキノンなどの強力な作用がある化粧品は、副作用の心配もあるうえ、敏感肌には使用できないという報告も挙げられています。

 

そんな中で、現在注目を集めているのが美容皮膚科でのレーザー治療です。黒い色素に反応するレーザーを使用して、レーザーでメラニンを破壊するという仕組みで、出来てしまったシミを一度の治療で消すことができます。治療後は1週間ほど患部に絆創膏をはる必要がありますが、エステのように何度も通う必要もなく、医療機関ならではの効果の高い機器を使用したシミ治療は頑固なシミに悩む人のあいだで話題です。

 

肌荒れで皮膚科を3つ受診しました

 

私は原因不明の顔の皮膚炎になってしまって、非常に困りました。顔が痒くて、赤くなり、かくとヒリヒリしてどうしようもなくなってしまうのです。原因に思い当たる節もなく、なぜそういうことになったのか、理解できませんでした。それで家の近所にある個人の皮膚科を受診しましたが、ステロイドの強いものを次々に処方するだけで、症状はひどくなるばかりでした。

 

皮膚が炎症を起こしているので、お化粧をすることもできませんでしたし、基礎化粧品をつけるとヒリヒリして大変でした。

 

そこで、個人病院では無理だと思って、総合病院の皮膚科を受診しましたが、アトピーの血液検査を受けましたが結果は陰性で、原因がさっぱりわかりませんでした。
皮膚が乾燥していたので保湿剤を処方してもらいましたが、かゆみや赤みは変わりませんでした。

 

そこで、2ヶ月過ぎて、大学病院の皮膚科を受診しました。すると、洗顔後、ステロイドだけ塗って様子を見ましょう、ということでした。それから洗顔後はステロイド剤を3センチくらいを顔に伸ばして寝るようにしましたら、顔から赤みが消えて、かゆみも治まりました。1週間で劇的に快方に向かいました。

 

原因は今でもわかりませんが、美肌を取り戻すことができてホッとしました。
やはり女性は肌が綺麗な方がいいですし、綺麗な肌を目指して頑張っているのです。

 

最近では、新しい化粧品を使う前にはトライアルセットを買ったりして、まずは使ってみてから買うかどうか決めるようにしています。
最近も、新しい基礎化粧品のトライアルセットを買ってみましたが、肌に合わないことがわかって、症状はひどくなる前でよかったと思います。

 

肌は体調に寄っても変わるので、敏感肌は気をつけなければなりません。

 

ステロイドは肌の調子を良くするのには劇的な効果があるのでとてもいいのですが、やめ方が難しく、徐々に弱いものにしていく必要があります。肌も良くなったり悪くなったりを繰り返しながら快方に向かっていくようです。