酸化作用を予防できる野菜で美味しくアンチエイジング

酸化作用を予防できる野菜で美味しくアンチエイジング

30歳を過ぎるとシミやシワ、たるみなどの肌悩みが増えてきます。

 

 

表面的な問題だけでなく、体が疲れやすくなったり、体力がなくなったりと衰えを感じることが増えてきました。サプリなどもありますが、やはり食べ物や料理から栄養をいただく方が美味しいし、食べる喜びがあります。

 

さて、老化や疲労の原因の一つに酸化という現象があります。健康食品や化粧品などで「サビを防ぐ」というフレーズが出てきますが、これは体内で起こる酸化のことを示しています。人は呼吸をすることで、酸素は栄養素と結びつきますが、一方で活性酸素という物質に変化します。この活性酸素は、外的刺激から体を守る働きがあります。

 

 

人が紫外線や喫煙、ストレスなどにさらされると、体は防御しようと活性酸素が増えます。この増えた活性酸素はとても強いので、外的刺激だけでなく、体内にある必要な成分まで酸化攻撃をしてしまうのです。これがサビと言われる所以です。この酸化作用を予防できる野菜をご紹介します。

 

 

まずはトマトです。緑黄色野菜の代表でもあり、生でも料理も可能で汎用性の高い野菜です。トマトに含まれるリコピンは抗酸化作用がとても強いです。他にも血糖値を下げたり、動脈硬化の予防、ダイエット作用があると言われています。年中どこでも手に入るのがトマトの魅力でもあります。

 

 

次にナスに含まれているアントシアニンという成分が抗酸化作用を持っています。ナスは食物繊維が多いので便秘予防にも効果的です。なおアントシアニンはブルーベリーやぶどう、紫芋など紫色の食べ物に含まれています。
ビタミンCとカリウムが豊富なきゅうりも抗酸化作用があります。ビタミンCやビタミンEは抗酸化作用があるのです。なおビタミンEは「若返りビタミン」と呼ばれるほどです。このビタミンEを豊富に含んでいる野菜がカボチャやアボカド、菜の花、モロヘイヤがあります。

 

 

ちなみにこのビタミンEの100倍以上の抗酸化作用があるのがリコピンなので、いかにトマトがアンチエイジングに適している野菜なのか分かります。野菜には、代表的な栄養素だけでなく、他の栄養素もたくさん詰まっていますし、料理をして食材を組み合わせることで相乗効果をもたらします。